ここから本文です

自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

皆さまこんにちは。今回は東北支店より東北中央自動車道「福島大笹生IC」〜「米沢北IC」間開通により仙台からもだいぶ近くなった米沢周辺をご紹介いたします。
開通前では約2時間ほどかかっていた仙台〜米沢ですが、今回の区間開通により半分の約1時間で行けるようになりました。開通した区間には、栗子トンネルという高速道路の無料区間では日本一長いトンネル(全長8972メートル)があります。このトンネルのおかげで、米沢までとても行きやすくなったというわけです。

米沢」と言えば、何といっても上杉家。特に米沢市の骨格を作り上げたと言われる、「兜に愛の一文字」「知勇兼備の武将」として名高い直江兼続ゆかりの地めぐりは歴史好きにはたまらない場所です。

兼続ゆかりの地を訪ねるには、米沢市の中心部にある米沢城址・上杉謙信を祀る「上杉神社」そばにある「おまつり駐車場」に車を置いて、歩いて散策するのがお勧め。
他にも、上杉景勝に仕えた奇傑の武将・前田慶次や、上杉藩第9代藩主で江戸時代屈指の名君と言われる上杉鷹山などのゆかりの地もあります。
上杉神社周辺の徒歩用モデルコースも是非参考にしてみてください。

米沢を後に、山形市方面にちょっと走ったところには高畠町の「高畠ワイナリー」があります。

高畠町は有機農法の先駆地として知られており、高畠ワインで使用している「シャルドネ品種」や「デラウエア品種」に関しては市町村単位では全国一の出荷量を誇ります。ワイナリー内にはショップがあり、高畠ワインはもちろんの事、地酒地ビールリキュールなどがあります。また通年4〜6種類のワインの試飲ができ、試飲してから気に入ったワインを購入することができます。私も4種類試飲をして気に入ったワインを1本購入しました。

もう一つ、高畠町にある山形県の名物を紹介します。ご当地パンとして有名な「ベタチョコ」です。

山形県民ならば誰もが知っているという有名なご当地パンで、コッペパンを開いてチョコレートを塗ったシンプルな菓子パンですが、その味わいがクセになるんです。なんと東京オリンピックが開催された昭和39年に誕生し、以来50年以上も愛されている山形県民には「食べなれた味」の代表格といえます。
今回は、そのご当地パンを制作・販売している「たいようパン株式会社」の直売所に行ってみました。
写真は直売所限定のベタチョコで、「デコ盛り」と言う商品です。他にもベタチョコにはたくさんの種類がありますので、是非直売所でご覧ください。

今回は仙台から米沢に行ってみましたが、今秋にも予定されている東北中央自動車道「山形上山IC」〜「米沢北IC」の開通により、山形空港からもますます行きやすくなる米沢に是非いちど行ってみてください。

"山形・米沢"に行くなら JALダイナミックパッケージで

"米沢の観光情報はこちらから" 米沢観光Navi 上杉神社

※旅コラムは2018年5月18日時点の内容です。
※商品内容など予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。

オススメツアーあります! JAL e トラベルプラザでは多彩な国内・海外ツアーをご用意しています! 国内ツアー 海外ツアー

ページのトップへ

最近の記事
カテゴリから選ぶ
JALグループスタッフ
CA (294)
パイロット (295)
スタッフ(国内情報) (417)
スタッフ(海外情報) (417)
国内情報
北海道 (95)
東北 (55)
関東・信越 (35)
中部・北陸 (36)
関西・南紀 (20)
中国・四国 (105)
九州 (112)
沖縄 (59)
海外情報
ハワイ (213)
アメリカ・カナダ・中南米 (57)
ヨーロッパ・中近東・アフリカ (155)
オセアニア・南太平洋 (32)
グアム・パラオ(ミクロネシア) (23)
アジア・韓国 (43)
中国・香港 (12)
台湾 (6)
テーマ
旅のお役立ち情報(海外) (6)
旅のお役立ち情報(国内) (1)
旅のエトセトラ (2)
カレンダー

日にちで選ぶ

<< 2018年06月 >>
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月で選ぶ

ページのトップへ