ここから本文です

自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

2017年12月 7日 (木)

大晦日の夜のフライト

ボーイング787機長 山本

Category:  パイロット

皆さま、こんにちは。
ボーイング787機長の山本です。
今年もあと僅かになりました。皆さま如何お過ごしでしょうか。
昨年大晦日の夜に太平洋を越えるフライトをしました。
大晦日にバンクーバーへ飛ぶと、12月31日は41時間も続きます。
紅白直前に日本を出発し、バンクーバーでは大晦日のお昼前に到着します。
いつまでも年が明けない感覚は少し不思議です。

時差のある世界に飛び出すと、色々なことを思います。
大晦日など特別なタイミングで海外に出発すると、時差を違った角度で見つめるきっかけになるかもしれません。飛行機で経験できる時間旅行、皆さまはどのように感じるでしょうか。

大晦日の夜のフライト。
高度四万フィート。今日は静かな成層圏の中を飛んでいる。
満天の星の中、ジェット気流に乗って東へ。
ふとコクピットの時計を見ると15時(協定世界時間)をまわっていた。日本時間では新年を迎えた頃か。
仕事をしている間の意識の片隅でふとそんなことを思う。
今日はジェットの蛇行も少なく気流もいい。
月のない星明かりでうっすらと海上の雲が見える。
コクピットではスケルチで絞った短波通信のノイズが時折聞こえる。

空にいる間は地上と違った時間が流れるようだ。
離陸直後に見えていた冬の大三角は既に後方へと移動していた。
正面には乙女座の一角で木星が明るく輝いている。そのすぐ右下には控えめに青く光るスピカ。
正面には牛飼い座アークトゥルス。もう春の星々が現れ始めている。
空の時間、空の季節、この仕事で知ったもうひとつの世界の時間軸。
大晦日、新年、地上にいくつも存在するローカルタイムという概念から離れ、地球の時間と一体化するような感覚。
地上を離れて地球を見る宇宙飛行士達はこんな感覚で時間軸を捉えているのだろうか。
星々を見ているとそんなことを考えさせられる。

星空を眺めていると不意にあることに気がついた。

時どき星が流れているのだ。どうやら放射点はこの春の星々の近くのようだ。調べてみると髪の毛座流星群というのがあるらしい。数は少ないものの出現が1カ月近く続くとのこと。今の時期の本命、しぶんぎ座流星群程ではないもののいくつもの星が流れていた。

やがて北の空に縦に流れていた天の川が横へと流れを変える頃、こと座と白鳥座が姿を現した。
天の川を飛ぶ大きな白鳥座のデネブとその畔に佇むこと座のベガ。まだ対岸のわし座のアルタイルは見えない。夏を予感するこれらの星々が姿を見せ始める頃、東の水平線が赤く染まってくる。
地球から真っ赤なオーラを放つかのような光景。最初は仄かな赤。徐々に燃えるような赤へと変わっていく。水平線を起点に空と地上を別々の色で染め上げて、徐々に世界を明るくしていく。
やがて赤いオーラのエネルギーが水平線の一カ所で弾けるように強い光となって溢れ出す。
そんな日の出の瞬間に反対の空には地球影が色濃く現れる。

毎日繰り返される当たり前の天体ショー。
しかし何度見ても両者は飽きることはない。
ある場所より西では初日の出といい人々が手を合わせ、東では大晦日の日の出として日常の朝の始まりだ。
美しさは同じなのに...
思いの強さや感じ方が表現の仕方や捉え方で変わっていくことを示しているのだろう。
そして今回生涯で最も長い大晦日という経験は、自分が空中にもう一つの時間軸を持っていることを再認識する機会になったように思う。

※今回掲載しているイラストは、787副操縦士の有馬が描きました。
※旅コラムは、2017年12月7日時点の内容です。

オススメツアーあります! JAL e トラベルプラザでは多彩な国内・海外ツアーをご用意しています! 国内ツアー 海外ツアー

ページのトップへ

最近の記事
カテゴリから選ぶ
JALグループスタッフ
CA (284)
パイロット (282)
スタッフ(国内情報) (391)
スタッフ(海外情報) (396)
国内情報
北海道 (90)
東北 (50)
関東・信越 (33)
中部・北陸 (36)
関西・南紀 (20)
中国・四国 (99)
九州 (105)
沖縄 (55)
海外情報
ハワイ (196)
アメリカ・カナダ・中南米 (56)
ヨーロッパ・中近東・アフリカ (153)
オセアニア・南太平洋 (32)
グアム・パラオ(ミクロネシア) (19)
アジア・韓国 (41)
中国・香港 (12)
台湾 (6)
テーマ
旅のお役立ち情報(海外) (6)
旅のお役立ち情報(国内) (1)
旅のエトセトラ (2)
カレンダー

日にちで選ぶ

<< 2017年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

月で選ぶ

ページのトップへ