ここから本文です

自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

2017年6月15日 (木)

沖縄の大物釣りの魅力

ボーイング737型機副操縦士 桜井

Category:  パイロット

JTA(日本トランスオーシャン航空)ボーイング737型機、仕事と釣りは常に安全第一がモットー・副操縦士の桜井です。今回は私の趣味でもある釣りのなかで特に沖縄で人気のGTフィッシングについてご紹介させていただきます。

その前に、皆さま、GTという魚をご存知でしょうか?
通称GT(Giant trevallyの略)和名ではロウニンアジ(浪人鰺)と呼ばれ、沖縄では一般的にガーラと呼ばれています。魚のサイズは大きく、全長で約1〜1.5mほど、体重も50kgを超える巨大な魚です。
このGTですが、魚を掛けるまでの難しさ、また魚を掛けた時のパワフルな引き、釣り上げた時の達成感などから釣り人のターゲットとして非常に人気があります。
また、海外では南洋などで盛んなGTフィッシングですが、国内でも種子島から沖縄はGTの生息域に位置しており、特に航空便のアクセスがしやすい沖縄でGTフィッシングが盛んに行われています。

今回は私の釣行記と合わせて、この沖縄でのGTフィッシングについて紹介させていただきます。

主にGTフィッシングは、船からのルアーキャスティングでの釣りです。
また、釣った魚は食べることはせず、観光資源保護の観点からキャッチ&リリース方式が採用され、スポーツフィッシングの要素を大きく含んだ釣りとなります。

船の出航は主に本島の南部の西海岸(糸満、那覇、北谷)から出航し、沖縄本島、慶良間諸島、渡名喜(となき)、久米島海域などを一日かけてまわります。
チャーター船が基本ですが、最近は、単独で釣りに来られる方のために乗り合いの船もあり家族旅行の合間に一日だけGTフィッシングに挑戦のようなことも可能です。

私が今回、お世話になった船は沖縄の北谷でGTフィッシングのガイドを行うノアマリンさんの船に乗せていただきました。GTフィッシング初心者の方も大歓迎の船で優しい船長さんが全力でサポートしてくれます。
(また那覇空港へ午前中に到着してからすぐに送迎にて港へ移動してからの釣りのスタートなど、そのほか、柔軟な釣りのプランニングにも対応してくださるそうです。)

今回は二日間の釣行となりました。

早速、出航です。まずは船で2時間半かけて久米島周辺海域へ、見えてきたのは久米島の南東の沖合2キロに大きなゴツゴツした岩がそびえ立つトンバラ岩と言われるポイント。那覇−久米島間の飛行中、上空からもはっきり確認できるほどの大きな岩がそびえ立っています。
トンバラ岩周辺は潮の流れが早く超大型の回遊魚と遭遇できるポイントで釣り人はもちろんダイバーに人気のポイントです。

遠くに久米島が見えてきました。

早速、ルアーキャスト開始、岩周りの潮の流れは特に激流で、すぐにでも魚がかかってきそうな雰囲気のなか、そして、開始数投目、激流のなかを泳ぐルアーが激しくひったくられました。

その直後、経験したことのないものすごい引きが始まり、リールに巻いていた糸はどんどん魚に引き出され、魚に全力で負荷を与えますが引きは止まらず、間もなく、フワッと竿が軽くなった瞬間、切られてしまいました。完敗です。
逃した魚は大きいよく言う言葉がありますが、まさにこのことで、釣り上げれば超大型のGTだったかもしれません。やはり夢のGT、簡単には釣らせてくれませんね。

その後、渡名喜、慶良間諸島へと移動してルアーを一日中キャストし続けましたが、チャンスはあの1度だけで一日目が終了。悔しさも残るが魚に出会うまでが本当に大変なGTフィッシング、だからこそ釣った時の達成感があるのだと思います。

二日目がスタート、今日は沖縄本島周りを回りながらルアーをキャストしていきます。やはり、今日も魚からのコンタクトはなく無情にも時間だけがどんどんと過ぎていき、とうとう最後のポイントへ。
前日からの連投で体の疲れは既に限界に近づいていました。最後の1投まで投げ切れば必ず最後にチャンスが必ずやってくるはずだ、と信じて投げ続けます。そして、その時は突然やってきました。ルアーの後ろから大きな影、その直後、水面に大きな水飛沫、GTです!

直後、竿にかかる重量感と同時に凄まじい引きが始まりました。今回は負けてたまるかと抵抗する魚に限界まで負荷を与えます。徐々に魚が浮き出しました。
最後は渾身の力を振り絞って魚を水面まで浮かし、無事ランディング。
最後の最後で夢の1本が釣れ、込み上げる達成感、これがこの釣りの面白さであり醍醐味だと感じました。

沖縄でのGTフィッシング面白さを少しでも感じていただけたでしょうか?
皆さん、沖縄の海でGTフィッシング、夢の一本への挑戦などいかがですか?

最後に今回ご紹介させていただいた、沖縄での釣り旅行や観光旅行を皆さまに安心して楽しんでいただくためにもこれからも安全運航に全力で努めてまいります。

※旅コラムは、2017年6月15日時点の内容です。

オススメツアーあります! JAL e トラベルプラザでは多彩な国内・海外ツアーをご用意しています! 国内ツアー 海外ツアー

ページのトップへ

最近の記事
カテゴリから選ぶ
JALグループスタッフ
CA (277)
パイロット (276)
スタッフ(国内情報) (383)
スタッフ(海外情報) (394)
国内情報
北海道 (87)
東北 (49)
関東・信越 (33)
中部・北陸 (36)
関西・南紀 (20)
中国・四国 (98)
九州 (103)
沖縄 (53)
海外情報
ハワイ (193)
アメリカ・カナダ・中南米 (56)
ヨーロッパ・中近東・アフリカ (152)
オセアニア・南太平洋 (31)
グアム・パラオ(ミクロネシア) (19)
アジア・韓国 (41)
中国・香港 (12)
台湾 (6)
テーマ
旅のお役立ち情報(海外) (6)
旅のお役立ち情報(国内) (1)
旅のエトセトラ (2)
カレンダー

日にちで選ぶ

<< 2017年06月 >>
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

月で選ぶ

ページのトップへ