ここから本文です

自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

2014年9月 1日 (月)

富士山はどちら側?

ボーイング737機長 赤地

Category:  パイロット

旅コラムをご覧の皆さまこんにちは。2回目の担当となりました、ボーイング737型機機長の赤地です。

今日から9月になりましたが、まだ暑い日が続くようですね。このコラムをご覧の皆さまの中には、この夏富士山に登られたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。今回は富士山に関するお話です。

前回のブログでご紹介させていただきましたが、私は昨年、当社のお客さまサポートセンターに配属されておりました。

同センターに配属中、私が担当させていただいたお問い合わせの中で一番多かったのが富士山に関するものでした。年間30万人以上の方が登山され、世界遺産にも登録されて注目されることの多い富士山ですが、空の上からも見てみたいというお客さまが多くいらっしゃることを実感しました。そこで今回は、羽田空港と西の方に有る空港を結ぶ路線でお天気がよい時に富士山が飛行機のどちら側に見えるのかをご紹介したいと思います。

この旅コラムでも紹介されておりますが、空には航空路と呼ばれる道があります。羽田空港を離陸して西に向かう飛行機もこの航空路を通ります。羽田空港の近くで西に向かう航空路は北からY884,Y18,Y20,Y28,Y56,Y58などがあります。

このうちY884からY20は富士山の北側を通るため、富士山は飛行機の左側の窓から見えます。また、Y56とY58は南側を通るので、富士山は右側の窓から見えます。ご搭乗される飛行機の種類や上空の風の状況、羽田空港で離陸に使用する滑走路などにより異なりますが、どちらの場合も離陸後、およそ10分から15分後にご覧いただけると思います。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、あいだのY28はどうなのかと言いますと、富士山のほぼ真上を飛行するためお客さまの窓からはほとんどご覧いただけません。操縦室の窓からは前方が良く見えるので、富士山の火口まで大変よく見えるのですが、客室では前方やお足元の方向に富士山が位置するため、ご覧いただくことができないのです。
羽田空港を出発し各航空路を通る主な目的地の空港を記載しますので、ご旅行の参考になさってください。
Y884 小松、中部
Y18 出雲
Y20 福岡、広島、長崎
Y28 北九州、熊本、松山、大分、岡山、高松、山口宇部
Y56 奄美大島、石垣、大阪伊丹、高知、大阪関西、宮崎、鹿児島、那覇、南紀白浜、徳島
Y58 大阪関西、宮崎、南紀白浜、山口宇部
(大阪関西、宮崎など時間帯により通る航空路が変わる路線は、両方の航空路に記載してあります。)

反対に上記空港から羽田空港に向かう便は全て富士山の南側を通りますので、左側の窓から富士山がご覧いただけます。ご不明な点がございましたら、お気軽に乗務員にお尋ねください。また、そのほかの路線につきましてはお調べいたしますので、ぜひお電話でお問い合わせください。
みなさまのご旅行の楽しみが一つでも増えれば幸いです。

(注)なお今回ご紹介した情報は標準的な場合のものであり、ご搭乗される便によりましては、空域の制限や悪天候域の回避のため経路を変更したり、雲などの影響で富士山がご覧いただけない場合もございますことをあらかじめご了承ください。

オススメツアーあります! JAL e トラベルプラザでは多彩な国内・海外ツアーをご用意しています! 国内ツアー 海外ツアー

ページのトップへ