ここから本文です

自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

2017年12月 4日 (月)

(北海道)焼肉が好きすぎるマチ北見

日本航空 北見支店

Category:  スタッフ(国内情報)   北海道   国内

女満別空港から空港バスで約40分の場所に位置する北見は、北海道内の人口10万人以上の
都市の人口比率で焼肉店の数が最も多い「焼肉のマチ」です。北見焼肉の特徴はというと、

(1)基本はホルモン! かつて、市が直営で食肉処理場を運営していた歴史があり、ホルモンのような内臓部位を煮込んで食していたことが北見市民がホルモンを愛するきっかけになったという説が一般的です。
(2)カルビよりサガリ! ホルモンを中心に広がった北見焼肉では赤肉やカルビよりも、ダントツでサガリが人気の部位。そんなサガリは横隔膜のお肉で、分類としては内臓肉、即ちホルモンに分類されます。ここでもホルモンを愛する文化が表れています。
(3)提供時は味付け無し! 北見の多くの焼肉店では、注文すると味付けされていないお肉がテーブルに運ばれてきます。下味なしで提供するのは鮮度と下処理に自信があるからこそです。
(4)生ダレ・塩こしょう! 味付けされずに提供される肉には、塩こしょう、生ダレをつけて食べるのが特徴です。各店がこだわる生ダレは、果物などを使い店の個性が反映されています。
ほとんどの店のレシピは門外不出のこだわりです。

続きを読む >

2017年12月 1日 (金)

(北海道)冬の釧網線と川湯温泉の旅

日本航空 釧路支店

Category:  スタッフ(国内情報)   北海道   国内

皆さま こんにちは! ひがし北海道の釧路支店からは、
JR北海道の釧網線(センモウセン)を利用した川湯までの旅をご紹介いたします。
釧網線を簡単に紹介しますと、釧路駅を出発して日本最大の湿原である釧路湿原国立公園や
阿寒摩周国立公園
を通り網走駅までを結ぶ大自然の中を駆け抜ける路線になります。
(釧網線:東釧路駅~網走駅間)
旅のスタートは、釧路駅前にあるSL(蒸気機関車)の動輪前で記念撮影をしていざ出発!
列車のからはエゾシカが見えたり、蛇行する釧路川や目前に広がる釧路湿原を見る事ができます。
ちなみに釧網線では無人駅もあるのでバスのような運賃箱も設置されているのは珍しいのではないでしょうか。

続きを読む >

2017年10月25日 (水)

JAL TODOFUKEN SEALができました

客室乗務員 高橋

Category:  CA   北海道

皆さま、こんにちは。客室乗務員の高橋です。
今回は、「JAL TODOFUKEN SEAL」についてご紹介させていただきます。

現在、国内線を乗務する客室乗務員はそれぞれ自身に縁がある都道府県の形をデザインした「縁都道府県バッジ」を着用しております。
たくさんの方に注目していただき、私も胸元のバッジをきっかけにおすすめスポットの話や旅行での思い出話などで会話が大きく盛り上がりました。なにより、お客さまからお声かけくださることも増え、とても嬉しく思っています。
また、お声かけくださった方へは2017年6月まで「千社札シール」をプレゼントしてまいりましたが、その際、大変多くのお客さまから「親しみやすくなった」「搭乗の楽しみが増えた」と企画に対する応援の声を頂戴しておりました。
そこで「千社札シール」に続き、お客さまとの繋がりをこれまで以上に大切にしたいという私たち乗務員の想いを形に、47種類の風景をデザインした「JAL TODOFUKEN SEAL」が新たに登場しました。

「JAL TODOFUKEN SEAL」は、各都道府県に縁のある乗務員が、お客さまにぜひおすすめしたい風景を推薦し、その風景をデザインしたものです。
私は札幌市出身で、2017年度JALスカイアンバサダー北海道を務めさせていただいております。今回の「JAL TODOFUKEN SEAL」の北海道のデザインも、思い出深い「小樽運河」の風景を推薦しました。

「JAL TODOFUKEN SEAL」北海道

続きを読む >

2017年10月 5日 (木)

HACの就航地、釧路をご紹介!

客室乗務員 山本

Category:  CA   北海道

こんにちは!北海道エアシステム 客室乗務員の山本です。
今回はHACの就航地 釧路についてご紹介します。
釧路があるひがし北海道は、夏の平均気温が19度と、1年を通して涼しい地域です。札幌市の夏の平均気温が25度なので、いかに北海道が広いかを実感することができます。たんちょう釧路空港まではHACが拠点としている札幌丘珠空港から約45分!広い北海道も飛行機ならあっという間に横断できてしまいます!

たんちょう釧路空港

続きを読む >

2017年10月 3日 (火)

(北海道)養豚の歴史が残した旭川グルメ

日本航空 旭川支店

Category:  スタッフ(国内情報)   北海道

旭川は、かつて全道一の生産量を誇る豚肉の産地であり、今もなお道内外に品質の良い豚肉を
出荷しています。養豚経営の始まりは、ブランデー風アルコール飲料「電気ブラン」の発案で
知られる神谷傳兵衛が、明治35年に旭川で酒精工場の操業を開始したことがきっかけです。

製造過程で出る大量の酒精粕を処理するために養豚を行い、豚の飼料としていました。この頃に
第七師団が設置されたことから、人口が増え、豚肉の需要が増加し、養豚業を営む人が増えていきました。こうして、明治末期から昭和20年ごろまで、旭川は道内最大の飼養頭数を誇っていました。昭和30年代には、全国の品評会で日本一になり、その品質も高い評価を受けていました。

今ではご当地グルメとして人気の「旭川ラーメン」も養豚と共に発展してきた歴史があり、当時、豚を解体した後の骨が安く入手できたことから、豚骨スープが広まりました。
このような歴史から、旭川では様々な豚肉料理が根付いており、内臓を活用した塩ホルモン
旭川で発祥し、広まっていったといわれています。旭川で人気の豚肉料理を紹介させていただきますので、旅行の際のグルメ情報としてチェックしてみてください。

続きを読む >

オススメツアーあります! JAL e トラベルプラザでは多彩な国内・海外ツアーをご用意しています! 国内ツアー 海外ツアー

ページのトップへ

Page 1 / 18

最近の記事
カテゴリから選ぶ
JALグループスタッフ
CA (286)
パイロット (284)
スタッフ(国内情報) (394)
スタッフ(海外情報) (399)
国内情報
北海道 (90)
東北 (50)
関東・信越 (33)
中部・北陸 (36)
関西・南紀 (20)
中国・四国 (100)
九州 (107)
沖縄 (56)
海外情報
ハワイ (197)
アメリカ・カナダ・中南米 (57)
ヨーロッパ・中近東・アフリカ (153)
オセアニア・南太平洋 (32)
グアム・パラオ(ミクロネシア) (21)
アジア・韓国 (41)
中国・香港 (12)
台湾 (6)
テーマ
旅のお役立ち情報(海外) (6)
旅のお役立ち情報(国内) (1)
旅のエトセトラ (2)
カレンダー

日にちで選ぶ

<< 2018年01月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

月で選ぶ

ページのトップへ