ここから本文です

自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

2018年3月 8日 (木)

(島根)茶の旅 松江

日本航空 山陰支店

Category:  スタッフ(国内情報)   中国・四国   国内

皆さま、こんにちは!
今回は、江戸時代の佇まいを色濃く残す、城下町松江のご案内です。

松江市は島根県の県庁所在地で、県の東部に位置します。空の玄関口「出雲縁結び空港」までは、羽田から約90分、伊丹から約60分、福岡から約70分、そこから空港連絡バスで約30分と
気軽に行けるまちです。松江に着いたら、まずは国宝松江城。日本に5つしかない国宝天守の
ひとつで、天守最上階は松江市内が一望できる絶景スポットとなっています。国宝松江城の後は、市内のカフェでちょっとひと休みして、かわいい抹茶スイーツはどうでしょう。

旅の楽しみのひとつといえば、やっぱり「」ですよね。
市内のお茶屋さんには、ちょっと変わった飲み物「抹茶ビール」もあるんです。


実は松江市は「お茶のまち」。
江戸時代のお殿様の影響で、抹茶やお茶が市民に
とても身近な存在なのです。

そのお殿様というのが、松江藩松平家7代藩主の
松平治郷(不昧)公

松江茶の湯文化の礎を築いた大名茶人で、
お茶
の世界ではスーパースター。

今でも市民は不昧公とか不昧さんと呼び慕っているんです。今年は、その不昧公の没後200年となる年です。

さあ、次は
遊覧船に乗ってのんびりと堀川を巡ってみましょう。
遊覧船では船頭さんのガイドを聞きながらすばらしい水景を楽しみことができます。
不昧公もよく船に乗って出かけては、お茶を催していたそうですよ。

4月からは、気軽に楽しくをコンセプトにした「茶の湯堀川遊覧船」が運航されるそうです。
船内では自分で抹茶をたてて、松江を代表する和菓子を愉しむ!ぜひ、おすすめです。

こちらは松江城北側にある赤山茶道会館です。

ここには不昧公の指図で建てられたお茶
明々庵」があり、わびの精神を説いた不昧公の心が随所に感じられます。

庭を望む和室ではお抹茶不昧公ゆかりの和菓子もいただけるので、茶の湯の空間を感じながら、ほっと一息できますよ。


最後に田部美術館に行って知的好奇心を満たしてみましょう!

田部美術館には、たたら製鉄を営んでいた田部家に伝来する調度品や不昧公の作った茶道具、ゆかりの品々が展示されています。

不昧公茶器のコレクターでもあり、自身が集めた茶器を書物にもまとめ、茶器の価値の基準を作ったスゴイ人。その一端が、4月21日~6月17日まで東京・三井記念美術館で、9月21日~11月4日まで島根県立美術館で開催される「大名茶人・松平不昧」で見ることができるそうです。

松江には気軽にお茶を楽しんだり、色鮮やかな和菓子をいただける場所がたくさんあります。
自分へのごほうびに「お茶にお菓子に心おどる旅」をぜひ松江で。

島根に行くなら JALダイナミックパッケージで

※旅コラムは2018年3月5日時点の内容です。
※商品内容など予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。

オススメツアーあります! JAL e トラベルプラザでは多彩な国内・海外ツアーをご用意しています! 国内ツアー 海外ツアー

ページのトップへ

最近の記事
カテゴリから選ぶ
JALグループスタッフ
CA (294)
パイロット (296)
スタッフ(国内情報) (421)
スタッフ(海外情報) (419)
国内情報
北海道 (95)
東北 (55)
関東・信越 (35)
中部・北陸 (36)
関西・南紀 (20)
中国・四国 (106)
九州 (114)
沖縄 (60)
海外情報
ハワイ (215)
アメリカ・カナダ・中南米 (57)
ヨーロッパ・中近東・アフリカ (155)
オセアニア・南太平洋 (32)
グアム・パラオ(ミクロネシア) (23)
アジア・韓国 (43)
中国・香港 (12)
台湾 (6)
テーマ
旅のお役立ち情報(海外) (6)
旅のお役立ち情報(国内) (1)
旅のエトセトラ (2)
カレンダー

日にちで選ぶ

<< 2018年03月 >>
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月で選ぶ

ページのトップへ