ここから本文です

自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

2017年8月31日 (木)

「夢を乗せて飛んでゆく、JAL折り紙ヒコーキ教室」

客室乗務員 吉田

Category:  CA   国内

こんにちは。客室乗務員の吉田です。

皆さまは紙ヒコーキを飛ばしたことはありますか?

JALでは日本折り紙ヒコーキ協会の戸田拓夫会長ご協力のもと、空育の一環として子どもたちに紙ヒコーキ教室を開催しています。

現在、700名以上のJALグループ社員が指導員になるための講習を受け、資格を取得しています。運航乗務員や客室乗務員のほかにも普段空港や機内では会えない、整備や運航管理、機内食搭載、予約センターなどで働く仲間もいます。

私も認定指導員の1人です。

機内で働いている私は、普段なかなか他部門の仲間と会えないのですが、紙ヒコーキ教室ではJALを支えるさまざまな部署の仲間と一緒に教室を開催します。そして、日本の文化である折り紙で、ハサミやのりを使わずに一枚の紙だけで、子どもたちと紙ヒコーキを折っています。

遠くまで飛ぶように、細かい調整をします

JAL折り紙ヒコーキ教室でお伝えしているヒコーキは、イカヒコーキやへそヒコーキ、スカイキングなど普段見たことも聞いたことないような紙ヒコーキばかりです。子どもたちはどんな紙ヒコーキができるのか興味津々!飛ばしてみるとよく飛んで大興奮!紙ヒコーキ教室はいつも大盛況です。

スペースシャトル

どれくらい飛ぶのか興味津々

「こんな紙ヒコーキ初めて!」「紙ヒコーキって面白い!」「今度はJALの飛行機に乗ってみたい!」子どもたちにそう言ってもらえると、とても嬉しくなります。
時には、保護者の皆さんや学校の先生から、「次は大人向けの紙ヒコーキ教室を開催してほしい!」とご依頼があるくらい、多くの方が紙ヒコーキの虜になってしまいます。子どもたちだけでなく、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、みんなで楽しめる紙ヒコーキはとても魅力的ですよね。

「3.2.1.Go-!」の掛け声と同時に、キラキラと目を輝かせた子どもたちが投げた紙ヒコーキが一斉に飛ぶ様子は、子どもたちの夢を乗せ、空高く飛んで行く飛行機のように見えます。

「いつか僕もJALで働くんだ!」「私も客室乗務員になりたい!」そのように言ってくれる子どもたちもいます。

子どもたちに、紙ヒコーキを通して飛行機を身近に感じてもらいたい、JALを知ってもらいたい、空の魅力を伝えたい、そう思って教室が楽しくなるよう工夫していますが、いつも1番楽しんでいるのは私かも知れません。
子どもたちの輝く笑顔と元気な姿にいつも私が元気をもらい、次回機内で会った時には、期待以上の姿を見せなくてはいけないと身が引き締まります。

教室の様子

JAL折り紙ヒコーキ教室の活動は今年で10周年を迎え、今年3月の10周年記念イベントには300名以上の子どもたちに参加して頂きました。

今後はアジア大会や、来春には全国大会も開催予定です。

世代を越えて楽しめる紙ヒコーキ教室、ぜひご家族みなさんで参加してみてください。

※旅コラムは、2017年8月31日時点の内容です。

オススメツアーあります! JAL e トラベルプラザでは多彩な国内・海外ツアーをご用意しています! 国内ツアー 海外ツアー

ページのトップへ

最近の記事
カテゴリから選ぶ
JALグループスタッフ
CA (277)
パイロット (276)
スタッフ(国内情報) (383)
スタッフ(海外情報) (394)
国内情報
北海道 (87)
東北 (49)
関東・信越 (33)
中部・北陸 (36)
関西・南紀 (20)
中国・四国 (98)
九州 (103)
沖縄 (53)
海外情報
ハワイ (193)
アメリカ・カナダ・中南米 (56)
ヨーロッパ・中近東・アフリカ (152)
オセアニア・南太平洋 (31)
グアム・パラオ(ミクロネシア) (19)
アジア・韓国 (41)
中国・香港 (12)
台湾 (6)
テーマ
旅のお役立ち情報(海外) (6)
旅のお役立ち情報(国内) (1)
旅のエトセトラ (2)
カレンダー

日にちで選ぶ

<< 2017年08月 >>
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

月で選ぶ

ページのトップへ