ここから本文です

自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

2017年2月 1日 (水)

わたしのおすすめ、シンガポールのB級グルメ

ボーイング767機長 石川

Category:  パイロット

皆さん、こんにちは。ボーイング767機長の石川です。

「今日どうする?」「いい店見つけたんだけど」
1日のフライトを終えてステイ先のホテルへ向かうバスのなか、一緒に仕事した仲間と食事の話になることが多く、グルメは楽しみの一つです。
国内海外問わず、旅の思い出に現地ならではの美味しいものが食べたいですよね。
このような仕事柄、各地にお気に入りの「マイレストラン」を持っているクルーも多いです。

さて、今回は、ボーイング767の就航地・シンガポールの「オススメB級グルメ」をレポートします!
有名店の美味しい料理も、もちろんいいですが、私は、現地の人が普段食べているローカルフードが食べたいので、街を歩きながら店を探します。最近は見つけた店舗の情報は、インターネットで調べられるので安心ですね。
ローカルフードを狙うなら、オススメはフードコートです。
ズラリと並んだ種々の店からお好みの店を選びます。人気店では、食事どきになるとかなり並ぶこともありますが、手際がいいのであまり待ちません。

先ずは、肉骨茶(バクテー)からスタート。
読んで字の如く。簡単に言えばスペアリブスープです。見た目に比して意外にアッサリ。サラッと食べられます。ライスを付けて3.5SGD(USドル)ほど。

次は、シンガポールと言えばチキンライス!
薄味の出汁で炊いたライスのうえにその場で手早く捌いた骨無しチキンの乗せた絶品です。チリソースをお好みで。安心してください。3SGDです。
あまりに美味しいので、持ち帰り用にも買いました。お持ち帰りだと右の写真のようになります。

このチキンライス、冷えても美味しいです。別のフードコートでは、このような形式でした。
ワイルドですね!

続いて、軽く麺類でも、という時はLAKSA(ラクサ)。
半透明の麺が見た目より全然辛くないスープと絡んで、病みつきになります。5SGDです。
満腹のはずが、デザートが食べたくなりました。

ちょっと危険な香りがしますが、やはりシンガポールならではというところで、ドリアンを食べに行きましょう。
食べる瞬間に香る、匂いを乗り越えた味ががなんとも独特です。ティッシュで手を拭きながら素手でいただきます。次の日までには、匂いが消えていることを願うのみです。

朝ご飯の鉄板は、カヤトーストがおすすめです。1SGD。
トーストの間にカヤジャムという甘いジャムとバターが塗られていて、これもシンプルながら絶品。
シンガポールの甘口コーヒー「コピ」との相性バツグンです。
カヤジャムは日本へのお土産にしても喜ばれるのではないかと思います。スーパーでも売っています。
B級グルメを回り、リーズナブルに済みました。

たくさん食べてしまったので、日本に帰ったら走ってカロリーを消費しなければいけません。
健康維持もパイロットの大切なミッションです。
今回、ご紹介できる情報はここまでですが、皆さんももっとディープな現地グルメにチャレンジしてみてください。

※価格は2017年2月1日時点の情報です。
変更になっている可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
※旅コラムは、2017年2月1日時点の内容です。

オススメツアーあります! JAL e トラベルプラザでは多彩な国内・海外ツアーをご用意しています! 国内ツアー 海外ツアー

ページのトップへ

最近の記事
カテゴリから選ぶ
JALグループスタッフ
CA (267)
パイロット (270)
スタッフ(国内情報) (369)
スタッフ(海外情報) (376)
国内情報
北海道 (82)
東北 (46)
関東・信越 (32)
中部・北陸 (36)
関西・南紀 (18)
中国・四国 (95)
九州 (102)
沖縄 (48)
海外情報
ハワイ (175)
アメリカ・カナダ・中南米 (55)
ヨーロッパ・中近東・アフリカ (151)
オセアニア・南太平洋 (30)
グアム・パラオ(ミクロネシア) (19)
アジア・韓国 (41)
中国・香港 (12)
台湾 (6)
テーマ
旅のお役立ち情報(海外) (6)
旅のお役立ち情報(国内) (1)
旅のエトセトラ (2)
カレンダー

日にちで選ぶ

<< 2017年02月 >>
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 

月で選ぶ

ページのトップへ